一緒に頑張ってくれる仲間を募集中!
詳しくはここをクリック!

眼晴トリガー

「最近目の疲れが取れない」「目薬が離せない」など身の周りの方でも目の悩みを訴えている方は多いですがその症状、そのままにしていませんか?
現代人はテレビ、パソコン、スマホなど画面を見る機会が非常に多く、目にかかる負担は昔と比べて明らかです。
最初は単なる目の疲れだと思っていても知らず知らずのうちに首や肩に大きく悪影響を与えています。

眼精疲労って?

「眼精疲労」という言葉はよく耳にしますがこれって一体何でしょう?
多くの方は「眼精疲労」を単なる目の疲れの事だとお考えではないでしょうか。
実は「眼精疲労」と「眼疲労」の二種類あるのですがご存知でしたか?
目を酷使する事で目に疲れが出るのですが普通はしっかり睡眠をとり休ませてあげれば良くなります。
この寝れば良くなる目の疲労を「眼疲労」と言います。
一方で寝てもなかなか良くならない、目薬を点してもその場しのぎ、段々と疲れが酷くなり肩こりや頭痛が起こる、といった休んでも改善しない目の疲れや他の症状を引き起こすようなものを「眼精疲労」と言います。
「眼精疲労」の原因は目のまわりにある筋肉の緊張や自律神経の乱れ、頚椎の歪みなどが挙げられます。
具体的にはやはりスマホやパソコン、姿勢の悪さ、ドライアイなどの目の疾患が目の疲労を悪化させています。
スマホやパソコンから出るブルーライトにより自律神経が興奮し身体が緊張状態になることで脱力しにくい状態に陥ります。目を動かしているのも筋肉ですから、目に力が入りっぱなしになっている状態です。当然疲れてしまいます。
よく寝る前にスマホやパソコンを使用すると眠れなくなると言われていますが脳や身体が興奮してしまうから眠りにくくなってしまうのです。
また、近くを見たり遠くを見たりとピントを合わせているのも筋肉の働きによるものです。目のまわりにある筋肉が血行不良になりうまく筋肉が働かなくなるとピントが合わなくなり目が霞んでしまいます。
パソコンを使用している姿勢やスマホを見ている首の角度は本人は気付いていない事が多いのですが側から見ると背中が凄く丸まっていたり、首を前に突き出していたりと首に負担がかかる姿勢になっています。首回りの筋肉が緊張すると脳や顔に向かう血行が悪くなるので頭痛や目の奥の痛みにも繋がります。
ドライアイや白内障、緑内障といった目の疾患がある方は目に負担がかかりやすいので尚更注意が必要です。

ふるかわ整骨院グループでの施術

回数料金(税込み)
体験価格1,100円

お得にご利用できる回数券(4回・8回・12回)あり!
詳しくはスタッフまでお尋ねください!