産後の骨盤矯正について②

こんにちは!志免中央整骨院・はりきゅう院です(^^)

出産時の骨盤は
妊娠中から産後にかけて「リラキシン」というホルモンが分泌され、骨盤の靭帯がゆるみます。

このときに、骨盤の「恥骨結合」を固定する靭帯と、「仙腸関節」を固定する靭帯がゆるみます。


ここをゆるめることで、出産時に赤ちゃんが産道をスムーズに通れるようにするのです。
出産時に開いた骨盤は、通常であれば産後半年ほどをかけて徐々に閉じてきます。


しかし、その後育児の際の無理な体勢での抱っこ、授乳時での猫背、オムツ交換などの屈む動作など身体に負担をかける体勢が多くあります。
この繰り返し行われる日常生活の負担により骨盤の歪みが生じます。


結果、本人や周りの方が思っている以上に骨盤に歪みや身体に大きな負担を与えてしまい、産前の状態まで骨盤が戻らないということもあります。


産後、骨盤が戻らないとどうなるの?
骨盤が歪んだり開いたりした状態で生活していると、体の筋肉を正しく使えず姿勢や歩き方が悪くなります。
その状態が続くと、恥骨や腰、骨盤、股関節周辺に痛みが発生したり、肩こりや首こり、背部痛、むくみ、尿漏れ、冷え性や体型がいつまでも戻らなかったりすることもあるなど、さまざまな問題が生じやすくなります。


これらのトラブルは、骨盤の歪みによる腰や恥骨などへの過度な負担、子宮や膀胱など骨盤内の臓器位置の変化、血行の悪化などが原因で引き起こされることがあります。このため、産後の骨盤矯正により、骨盤が正しい位置に戻ることで、上に挙げた産後のトラブルの改善効果が期待できるとされています。


産後の生活を豊かにするために、育児を快適に行うために自分自身のケアをしていきましょう。